ズボらスキンケアを極める

簡単にキレイになりたい。そんなブログ

  ズボらスキンケアを極めるのナビゲーター   トップページ > 2007年08月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー:映画レビュー

2007 - 08/23 [Thu] - 00:48

1001560.jpg

【作品】
トランスフォーマー

【監督・製作総指揮】
マイケル・ベイ

【製作総指揮】
スティーブン・スピルバーグ

【出演】
シャイア・ラブーフ
ミーガン・フォックス
ジョシュ・デュアメル
レイチェル・テイラー
タイリース・ギブソン
ジョン・ヴォイト
ジョン・タトゥーロ

【ストーリー】
未知の惑星からあらゆるテクノロジー機器に
姿を変える金属生命体が地球に到達。

多種多様なマシーンに変身した後、攻撃的な
ロボット状の形へとトランスフォーム<変身>
し、人類への攻撃を開始するのだった…。

【レビュー】
正直、観たくて観にいったわけではありません。

だって、私も一応大人の女だし、基本的に好きな
映画はラブストーリーだし、あまり興味ないな~
といったところでした。

今回は相方の男性が「観たい!」と言うので
お付き合いのつもりで観てきました。

一応、映画の予告編で上記のストーリーは把握
してました。
「トランスフォーマー」という車からロボット
へ変身するおもちゃが原案だってことも。
しかし、本当に車がロボットに変身する、
まさにロボット映画だとは知りませんでした。

いや、ロボット映画なんですけど、
これが意外と面白いんです。

ストーリーを補足すると、
主役は冴えない高校生。

憧れのクラスメート(ミカエル)にはアメフトの
選手の恋人がいて、自分がクラスメートだって
ことも気付いてもらえないほど。

初めての車を父親から買ってもらうことに
なったけれど、当然、クラシックカー寸前の
ボロ車。
実はそのボロ車は未知の惑星の金属生命体で、
彼がその車を所有することになったのには、
曽祖父の昔の発見が関係していた・・・。

いやおう無く事件に巻き込まれることに
なった少年が戦いの中で、成長してたくましく
なっていく。

そして車やヘリコプター、戦車から戦闘機
にまで変身するロボット達。

その変身する様が見事です。

これは世界で大人気にナットクです。

もう少年の心を虜にする見せ場がわんさか。
かつてロボット好きだった大人の男性の心も
摑んじゃいますね。

小さい笑いも散りばめられていて、
飽きさせません。

主役の高校生の家の庭で、ロボット達が身を
隠くすシーンがあるんですけど、
「あのー、隠れてませんから。でかすぎですから!」
ってツッコミ入れたくなります。

最後のバトルシーン。

ここが見せ場なんですが、私にとっては
ちょっと長かった。
一緒に観た男性は楽しんでいたようなので、
男性目線では長さは感じないのかもしれません。

そのロボット達もそれぞれキャラがあって、
心が通い合うシーンは、ロボットながら
ちょっとグっときてしまいました。

ストーリーは子供向けですけど、映像が見事です。

ロボットアニメにこれだけの予算をかけて
実写にし、大人が本気で作るハリウッド映画に
ちょっと感動でした。

続編もできそうなラストだなと思ったら、
すでに決まっているらしいです。


ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。

マイクロビキニ

スポンサーサイト

オーシャンズ13:映画レビュー

2007 - 08/13 [Mon] - 23:20

1001627.jpg

【作品】
オーシャンズ13

【監督】
スティーブン・ソダーバーグ

【出演】
ジョージ・クルーニー
ブラッド・ピット
マット・デイモン
アンディ・ガルシア
ドン・チードル
バーニー・マック
エレン・バーキン
アル・パチーノ

【ストーリー】
“オーシャンズ”のメンバーの1人、ルーベンが
心筋梗塞で倒れた。
原因は世界的なホテル王ウィリー・バンクの裏切り。
だまされ、切り捨てられたショックで病に伏せた
のだ。ルーベンの病床にかけつけたオーシャンや
ラスティーたちは、仇をとるべく行動を開始。
狙う先は、バンクが新たにラスベガスに建設する カジノホテルだ。
最新鋭のセキュリティに守られたこの場所で、
バンクの全てを奪うための戦いが開始された…!!

【レビュー】
主役級がぞろぞろ出る、豪華出演者の映画です。

内容もラスベガスのホテルの豪華な外観に内装。
超ハイテクなセキュリティーシステム。
狙う金額も半端じゃない。

この映画ってそんな雰囲気を楽しむ映画ですよね~。

「ルパン3世」の豪華版って感じでしょうか。

結構好きなジャンルなのですが、なぜか2作目の
「オーシャンズ12」は見てません。

たしか周りの評判がよくなかったので、躊躇して
いるうちに見逃した記憶があります。

なので、少しの不安をかかえたまま3作目を見て
きました。


結果はすっきり楽しめました。

ほんと、スッキリっていう表現がぴったりでした。

旧友を裏切る嫌な奴、アル・パチーノ演じる
ウィリー・バンクをオーシャンズのみんなでハメて
行くのですが、計画通りに行かないで細かい変更を
余儀なくされる出来事が、いろいろと起こってきます。

意外な人が色仕掛けを演じたり、
あの人に頼ってしまうの?!とこれまた意外な人物が
出てきたり。

最終的にはすべて収めるべくして、収まった。

そんな感じですね。

惜しいところは、すごく印象的って画面がないところ
ですかね~。
うまくまとまっているんですけど、ここが見せ場って
演出が薄かったような気がします。

そして!
なぜかいまさらジョージ・クルーニーがとてもカッコ良く
見えてしまった。

いわゆるハンサムな役者さんだとは思ってましたが、
なんか今回は私のツボにはまりました。

佇まいというか、雰囲気がいいんですよ~。

中年の魅力がわかるようになったのか?!

でもブラピと1才しか違わないんですよね。
びっくりです。


ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。

 | HOME | 

プロフィール

ひめぞう

Author:ひめぞう
美魔女を目指してズボらスキンケア邁進中。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。