ズボらスキンケアを極める

簡単にキレイになりたい。そんなブログ

  ズボらスキンケアを極めるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ラブソングができるまで:映画レビュー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブソングができるまで:映画レビュー

2007 - 04/24 [Tue] - 23:10

【作品】
ラブソングができるまで

【監督・製作・脚本】
マーク・ローレンス

【出演】
ヒュー・グラント
ドリュー・バリモア
ブラッド・ギャレット
キャンベル・スコット

【ストーリー】
80年代に爆発的な人気を博した5人組、“PoP”の
メンバーだったアレックス。
しかし、解散後に発売したソロアルバムが泣かず
飛ばず。
今では、過去のスターとなっていた。ある日、
若者に絶大な人気を誇るシンガー、コーラ・
コーマンからアレックスに、
曲の依頼が入る。またとない復活のチャンスだが、
曲を書くのは10年ぶりで、作詞が出来ない。
そんな時、自宅の植木係りとして雇ったソフィーに
作詞の才能があることに気が付く。

【レビュー】

ヒュー・グラントがはまり役です~。

これは30代、40代は楽しめるのではないでしょうか。

思い起こせば80年代、みんな洋楽聴いてましたよね。
「ベストヒットUSA」とか「MTV」。
夢中でプロモーションビデオ見てましたっけ。
“デュラン・デュラン”“カジャ・グーグー”
“ブロス”とか好きでした。。。
今はみんなどうしているのかしら?

そんな事を思い出させてくれます。

冒頭に出てくる“PoP”のプロモーションビデオ。
ダンスと衣装と髪形。そしてあの演出。
まさに80年代です。笑えます。

そのありし日のスターがいまは営業まわり。
遊園地や同窓会で歌う毎日です。
テレビの出演依頼がきても、もう色モノ扱い。
芸能界は落ち目の芸能人には厳しいですね。

そんな彼に来た復活のチャンス。
今のトップアイドルシンガーから受けた曲の依頼。

植木係りとして家にやってきたドリューバリモア
扮するソフィーに作詞の才能を見つけて、彼女と
一緒に曲作りを始めます。

共同作業をしながら、お互いを知っていき、距離が
縮まって行くのですが。。。

このソフィーのキャラと設定がちょっと現実っぽくない
んですよね。
それがこの映画を少女漫画っぽくしている部分では
ないかと思います。

私としてはソフィーより、アレックスの方に感情移入
してました。

このアレックスの役が、本当にヒュー・グラントに
ぴったりでした。
こういうちょっと情けない色男の役が似合いますね~。

劇中で2人が作り上げる曲も素敵でした。
映画が終わってからも耳に残ります。

軽く楽しめるラブコメディーとしてあと味の良い
映画でした。


ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himezo.blog90.fc2.com/tb.php/17-b595706a

 | HOME | 

プロフィール

ひめぞう

Author:ひめぞう
美魔女を目指してズボらスキンケア邁進中。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。