ズボらスキンケアを極める

簡単にキレイになりたい。そんなブログ

  ズボらスキンケアを極めるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > ゾディアック:映画レビュー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾディアック:映画レビュー

2007 - 06/17 [Sun] - 17:13

zodiac

【作品】
ゾディアック

【監督】
デビッド・フィンチャー

【出演】
ジェイク・ギレンホール
マーク・ラファロ
ロバート・ダウニー・Jr
アンソニー・エドワーズ
ブライアン・コックス

【ストーリー】
1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され、
女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。
その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と思しき人物
――後に“ゾディアック”と名乗る男から犯行を
告白する手紙と暗号文が届けられる。
曰く、暗号文を新聞に載せないと大量殺人を決行
するという。暗号は新聞に掲載され、新聞記者の
エイブリーや風刺漫画家のグレイスミスは
“ゾディアック”の謎解きに並々ならぬ関心を
見せていくのだった…。

【レビュー】
予告から受けるイメージとは違っていました。

実話が元になっているので、あまりドラマチックな
展開やドキドキハラハラする緊張感などはありません
でした。

予告を見た限り、もっと緊張感あるのかなーと思って
いましたが、この作品は犯人探しより、その犯人探し
にまつわる人々の事件による影響にスポットが当てら
れています。

アメリカでは有名な事件なのでしょうが、
日本では事件に関する予備知識がないため
事件の発展性につい注目してみてしまいました。

これが日本でも有名な事件だったら
「あの事件に関わる捜査っていうのはこういう
ものだったのか」
と違う視点で興味が湧いたのかもしれませんね。

なんといっても最初の事件が1969年ですから、
当時の捜査はかなりアナログな部分が多く、
しかも州をまたいでいる事件なので、
ひとつひとつの事件を調べるのに担当の州を
渡り歩かなければならないところなど、
合理的じゃない現実に
「これじゃあ、解決に時間がかかるよね」
と妙にナットクしたり。

未解決事件ゆえ、長期にわたって捜査が終わる
ことなく細々と続いていくのですが、その間、
この事件に関わった人々の人生も変わっていくのです。

この事件に関わっていく4人の人間ドラマと思って
観にいった方が良いかもしれません。

映画のようにきれいにまとまらないそれぞれの結末が
現実なんだなーと思わされます。

派手な画面がなく淡々と話しが流れていくので、
寝不足で観にいくのは要注意です。


ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。
ドラマ 美容・ダイエット

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himezo.blog90.fc2.com/tb.php/24-15ea72af

ゾディアック

連続殺人鬼には興味があるが、『ゾディアック』の存在は知らなかった。一体どういう事件だったのか―【story】1969年、自らを『ゾディアック』と名乗る男による殺人が頻発した。ゾディアックは、事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつける。手紙を受け取ったサンフランシ

 | HOME | 

プロフィール

ひめぞう

Author:ひめぞう
美魔女を目指してズボらスキンケア邁進中。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。