ズボらスキンケアを極める

簡単にキレイになりたい。そんなブログ

  ズボらスキンケアを極めるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > アポカリプト:映画レビュー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポカリプト:映画レビュー

2007 - 06/25 [Mon] - 03:10

アポカリプト



【作品】
アポカリプト

【監督・製作・脚本】
メル・ギブソン

【出演】
ルディ・ヤングブラッド
ダリア・ヘルナンデス
ジョナサン・ブリューワー
モリス・バード
カルロス・エミリオ・バエズ

【ストーリー】
マヤ文明後期の中央アメリカ。
ジャガー・バウは部族長の父や妻、幼い息子、
仲間たちとともに平和な日々を送っていた。
しかしその平和は突然崩れ去ってしまう。
村がマヤ帝国の傭兵に焼き討ちされたのだ。
目の前で父を殺されたジャガーは、捕まって
都会へと送られる。各地で捕縛された人間が
奴隷として売り買いされる都会。

そこで彼を待っていた運命は、
あまりにも過酷なものだった…。


【レビュー】

一言で言って、飽きさせないけど、疲れます。

そんな映画でした。

映画のとしての出来は悪くないと思います。

最近のアクション系はどれも似たような感じで、
後から思い出すと違う映画の場面が混ざって
しまったりするほどですが、この映画のシーンは
他とは混ざりませんね。

マヤ文明をあつかった映画なんて他に知りませんし、
個性的な映画であることは間違いありません。

しかし、残酷なシーンが多くて疲れました。

主人公の属する原住民の村が、マヤ帝国の兵士に
襲われるのれ、殺戮され、生捕られた兵士は
神への生贄のために都市へと連れていかれるの
ですが、人間はこんなムダな殺戮をこんな古代から
繰り返してきているのかと悲しくなります。

戦って非力なものを淘汰していくのは
人間の本性なのででしょうか?

それじゃあ、戦争がなくなるはずはないよね。
そんなことまで考えてしまいました。

後半、主人公の反撃が始まり
映画っぽくなっていって、少しだけ胸が晴れます。

CGや、最新兵器を使わない戦いが
まだ動物に近い人間として、すごくリアルですが、
そこに好き嫌いが分かれると思います。

総体的に女子向きではないです。

もう1回はないですね~。

ふぅ~。疲れました。

あと注意したいのはマヤ文明に知識がないから
こそ、この映画を鵜呑みにしてしまうこと。

時代考証等もあっていないようです。

実際の史実と思わないように要注意ですね。
事実、マヤ文明ってあんなに残酷な文明だった
のかとびっくりしましたから。

この映画を機会にマヤ文明に興味を持って
調べてみるっていうのが良い見方かもしれません。



ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。

魔法の石
日記
エンターテインメント

スポンサーサイト

初めまして!
TBありがとうございました。
マヤ文明の滅亡に主役の青年が関わるのかな・・・と思って鑑賞しましたが、ちょっと違ったようです。
かなり残酷なシーンが多いので疲れましたし。
仰るようにあまり女性向きの映画ではないかもしれませんね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himezo.blog90.fc2.com/tb.php/25-a831a040

アポカリプト

今週末は多忙なため映画館通いを諦めていたが、『通常料金でプレミアスクリーン+ポイントがたまっている』・・・根性だぁ~~~走れ風のように『300』でパンツ男たちの勇姿を観た後は、フンドシ男の生き様を観るぞ~~~【story】マヤ文明後期の中央アメリカのジャングル。

 | HOME | 

プロフィール

ひめぞう

Author:ひめぞう
美魔女を目指してズボらスキンケア邁進中。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。