ズボらスキンケアを極める

簡単にキレイになりたい。そんなブログ

  ズボらスキンケアを極めるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 題名のない子守唄:映画レビュー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題名のない子守唄:映画レビュー

2007 - 10/29 [Mon] - 04:50

T0005436.jpg

【作品】
題名のない子守唄

【監督】
ジュゼッペ・トルナトーレ

【出演】
クセニア・ラパポルト
ミケーレ・プラチド
クラウディア・ジェリーニ
クララ・ドッセーナ

【ストーリー】
北イタリア、トリエンテ。
地味な服装に身を包んだ女がひとり、長距離バス
から降り立った。
思いつめた表情で街をあるく女は、やがて高級
レジデンスにたどり着く。
向かいのアパートに部屋を借り、貴金属商を営む
アダケル夫妻と4歳になる娘テアをじっと見つめる。
彼女はメイドとしてその家に入り込むことに成功するが・・・。

【レビュー】
見応えのある映画でした。

監督は「ニューシネマ・パラダイス」の
ジュゼッペ・トルナトーレ。
ですが、あの映画の雰囲気とはまるで
赴きが違います。

私としては映画らしい映画を見た!との感想を
持ちましたが、割と好き嫌いが分かれるかもしれません。

冒頭からインパクトのあるシーンで始まります。

どこかのお屋敷の邸内で、仮面をつけた下着姿
の女性たちが4人1組で並ばされています。
壁に開いている覗き窓から誰かが品定めをして
いて、彼女たちに指示を出しています。
選ばれた女性はひとり。
下着を外すように指示されます。
淡々とその声に従う女性。

一体何の審査なのか?

場面は変わって。
化粧っ気のない、何かを思いつめたような暗い感じの女性。
バスに乗ってどこかへ向かっています。

彼女に対する説明は一切ありません。

しかし、何かの目的を持って北イタリアへ
やってきたこと。外国人であること。
冒頭の下着姿で選ばれた女性と同一人物であること。
そこら辺が映像から判断できます。
断片的に情報が与えられ、見ている側は必死に
頭を働かせます。

目的であろう家を突き止めた彼女は、
監視するように向かいのアパートに部屋を借り、
そこに住む家族のメイドとして家にあがりこむ
ことに成功します。

一体彼女の目的は何なのか?
誰かに対する復讐なのか?

時折差し込まれる彼女の過去は、だんだん壮絶な
シーンになっていきます。
一体どんなことがあったのか?

そして、何者かに追われているような雰囲気。
誰に、なぜ、追われているのか?

緊張感を高める音楽とともに映画の世界へどっぷり
はまり込んでいきます。

やがて明確になる彼女の過去は、時折挿入される
映像から想像していたものよりはるかに凄まじいものでした。
同じ女性として受け入れるのが困難なほどです。

そして明確になる彼女の目的と、思いがけない真実。

これは、内容が全然書けません~。

物語の盛り上げ方、導入部分、音楽とどれを
とってもひとつの世界ができていて、とてもよく
できた作品です。
すごく印象深いです。

ただし、ミステリーとしてはどうかな?と。
突っ込みたい部分が後半いくつかありました
ミステリーというカテゴリーよりも、一人の女性の
残酷な人生と、それでも生きていくことの逞しさを
現したドラマとして見る方がすっきりします。

一人でひっそり見るのがお勧めです。



ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。


スポンサーサイト

「題名のない子守唄」は劇場で観ました。いい映画ですね。女性の「母性」を残酷にも美しく描いた。ラストの感動はいつまでも心に刻まれます。

ニーロさま。
はじめまして。
男性の感想を聞いてみたかったので、うれしいコメントです。ありがとうございました。
とても心に残る作品ですよね。

そうですか、男性のコメントはなかったのですか。じゃあコメントしてよかった^^
「題名の~」は苦しいシーンの連続ですが、時折現れる美しいシーンが救い、となってします。テアを縄で縛り、いじめるシーンがありますが、あれはいじめているのではなく、愛なのですね。心打たれます。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himezo.blog90.fc2.com/tb.php/38-ce91e833

 | HOME | 

プロフィール

ひめぞう

Author:ひめぞう
美魔女を目指してズボらスキンケア邁進中。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。