ズボらスキンケアを極める

簡単にキレイになりたい。そんなブログ

  ズボらスキンケアを極めるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師:映画レビュー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師:映画レビュー

2008 - 01/23 [Wed] - 17:10

スウィーニー・トッド


【作品】
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

【監督】
ティム・バートン

【出演】
ジョニー・デップ
ヘレナ・ボナム=カーター
アラン・リックマン
サシャ・バロン・コーエン
ティモシー・スポール
ローラ・ミシェル・ケリー
ジェイン・ワイズナー


【ストーリー】
舞台となっているのは19世紀のロンドン。
平凡な理髪師だったベンジャミン・バーカー。
彼には美しい妻と生まれたばかりのかわいい
娘がいた。
その妻の美しさに目をつけたターピン判事により
無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。
15年後、脱獄を成功させたベンジャミン・バーカー
はターピン判事への復讐を胸に、
スウィーニー・トッドと名を変えて、ロンドンの街に
舞い戻ってくる。


【レビュー】
映画を見る前は、あまり予備知識を
持たないで行きます。

せいぜい見るるのは映画館でみた予告くらい。

ティム・バートン×ジョニー・デップで、
ファンタジー。さらにミュージカル。

予告が流れた瞬間に「見たい!!」
と胸が高鳴ってしまった。


本日、映画館へ出向く前に上映時間を
確認したところ、「R15指定」のマークが。
「けっこう残酷なのかな~?」と少しは警戒した
ものの、
「ひぇ~!!正視できない!!」ってなところが、
結構ありました。

ふだんホラーやオカルトに慣れている人は
大丈夫だと思いますけど、
そういうのが苦手な人は気を付けてください~。

ここが唯一の欠点くらいで(私にとっては)、
作品としてはとても
よくできていると思います。かなり高評価!

独特の映像処理。

まるで絵本を見ているかのよう。

色の使い方がさすがですね~。

全体的にモノトーンなのに、吹き飛ぶ血しぶきの
鮮やかさ、イタリア風理髪師の青い衣装など、
頭に残ります。

ミュージカル・シーンもまったく違和感ないです。
ミュージカルが苦手な人もこれなら大丈夫かと
思います。


ジョニー・デップの演じる役は、やはり魅力的です。
別に彼のファンではないんだけど、役になると
すごく生き生きして見えるのはなぜでしょう?

あ、今回は生き生きしてる役柄ではないのですけど(笑)


妻への愛と復讐にのみ生きているスウィーニー。
そのゆがんだ心で、猟奇的な殺人を繰り返す彼。

そのスウィーニーに適わぬ想いを寄せるミセス、ラベット。

ファンタジーなので、ストーリーは語ることなかれ。


残酷で美しい、大人のための童話のような映画です。

子供のころに読んだアンデルセン童話の
アニメや絵本を思い出しました。

残酷で怖いけど、惹きつけられる感覚。


見た直後はミートパイは食べられないと思います。


ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himezo.blog90.fc2.com/tb.php/45-8e0f1d4f

 | HOME | 

プロフィール

ひめぞう

Author:ひめぞう
美魔女を目指してズボらスキンケア邁進中。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。