ズボらスキンケアを極める

簡単にキレイになりたい。そんなブログ

  ズボらスキンケアを極めるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > いつか眠りにつく前に:映画レビュー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか眠りにつく前に:映画レビュー

2008 - 02/27 [Wed] - 17:03

いつか眠りにつく前に


【作品】
いつか眠りにつく前に

【監督】ラホス・コルタイ
【原作】
スーザン・マイノット

【出演】
クレア・デインズ
ヴァネッサ・レッドグレイヴ
メリル・ストリープ
グレン・クローズ
トニ・コレット
ナターシャ・リチャードソン
パトリック・ウィルソン
ヒュー・ダンシー


【ストーリー】
自宅で死の床にある老婦人アン。見守る二人の娘。
アンは混沌とした意識の中で、うわごとを口にする。
それは娘である二人の知らない、母の若き日の過ちだった・・・。
40数年前の親友の結婚式の日に起こった出来事。
アン、親友のライラ、その弟のバディ、そしてハリス。
現在と過去を行き来しながら、語られる物語。

【レビュー】
先日のシルクが男性目線の映画なら、
これは完全に女性目線の映画です。

平凡な一人の女性の人生を、死の間際に振り返る。

彼女が口走る言葉は、ハリスという男性の名前と、
そして完璧な母親ではなかった自分に対する後悔の言葉。


それを見守る二人の娘。

姉妹でありながら、似つかない人生を送る二人。


姉は夫と子供に囲まれる満たされた人生。

そして妹は、常に自分に自信がなく、物事が長続きしない。そんな自分をもてあまし、恋人との将来にも悲観的です。

母親の過去の人生が回想されていく中で、二人の娘達の思いや状況もわかっていきます。


40数年間、親友のライラの結婚式で出会ったハリス。

物語の核となる中心人物です。

ライラの初恋の人であり、ライラの弟バディも、
幼いころから一緒に育った年長の男性として憧れの存在である。そして主人公アンも惹かれる男性。

このハリスの魅力がいまいち上手く描かれてなかったです。

うわごとでアンが名前を呼ぶハリス。

回想シーンに入って行き、初めて出会うシーン。

観客だって期待するじゃないですか。
どんなに素敵な人なの?!って。

それが、、、う~ん。

演出が悪いのか、写した角度が悪いのか、「あれ?」って感じの第一印象でした。

その後も、特に魅力的に見えるシーンはなし。

弟のバディの方がよほど魅力的に見えたのは気のせい?


その後、悲しい事件が起こり、彼女はハリス、そしてアンとも疎遠になり2人の娘に看取られる現在へとつながっていきます。

全体に美化したような雰囲気が常にまとわりついているようで、私はいまいち物語にどっぷりとは浸れませんでした。


しかし、最後の方でアンが娘に言う言葉。
「人生には、何も過ちはないのよ。」
というところで観ている私も自分が励まされている気がして、グッときてしまいました。

そしてこの映画の最大の見所だと思う、ラストのシーン。


人生を達観したメリル・ストリープのセリフ、演技が素晴らしいです。


たぶん母になって、子育てを終えた人にはとても共感できるのではないでしょうか?


ブログランキング参加してみました。お気に召したらポチっとな。
してもらえると嬉しいです。

スポンサーサイト

これは観たいですね

記憶の中で生きる自我のようなものが
現われてくるのでしょうか。

女性は誰でも、人それぞれに波乱万丈記を持っていると思います。

興味深いです。
でも、MENが感情移入できないようなルックスでは困りますね・・・^^ゞ

それぞれに波乱万丈

まさにその言葉がぴったりです。

その波乱万丈を乗り越えたときに、全てを受容できるようになる。

この部分をメリル・ストリープが見事に演じています。

ゆめすけさんの感想も聞きたいです!
観たら是非教えてください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://himezo.blog90.fc2.com/tb.php/50-495c6a47

 | HOME | 

プロフィール

ひめぞう

Author:ひめぞう
美魔女を目指してズボらスキンケア邁進中。

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。